『私たちの”第6感”ー磁気センサー!』

公開日:

ドクターヒロです。

 

私たちの5感の上にさらに、第6感が存在する・・・・

そのような臨床実験が報告されました。

 

渡り鳥やウミガメが遠く離れた到達地点につけるのは、独自のナビゲーションシステムも持っているからです。

そのナビゲーションシステムとは、磁気感知(magnetoreception )の機能です。

これは地球の磁場を感知して、方向や位置を特定する機能です。

 

このナビゲーションシステムが私たちにも存在する!

 

実験は、磁場の方向を変化させたときの脳波の変化を調べたものです(eneuro, 2019; ENEURO.0483-18.2019 )。

 

安静時(何ものにも注意をとらわれていない状態)の脳波はアルファー波(8~13Hz)という波長が優勢になっています。

もし何かの刺激を感知する(意識的あるいは無意識的に)と、脳のアルファー波は激減します。

実験室で磁場を与えると、60%もアルファー波が減少した被験者が数名いました。

 

被験者は、磁場を与えられたとは知らないので、無意識に脳が反応した、つまり磁場を感知したことになります。

 

北半球では、地球の磁場は上から下向きに流れています。

北半球に住んでいる人は、上から下への磁場の自然な流れを感知しているということになります。

 

この北半球に住んでいる人が、実験室で下から上への磁場を与えられるとどう反応するでしょうか?

 

この実験では、まったく脳波の変化はありませんでした。

つまり、北半球に住んでいる人は、下から上への磁場は”不自然”と判断して無視したのです。

これは南半球に住んでいる人も同様の結果(南半球の場合は、上から下への磁場が異常として無視された)が出たということでした。

 

脳波の変化に個人差があったのは、普段から受けている人工磁場(WiFiなど)の影響があると指摘されています。

地球の磁場を感知する能力が、人工磁場によって影響を受けるということですね。

 

もうすぐ5G(ミリミーター ウエブ)が後進国ニッポンでも普及しますが、これで第六感だけでなく、すべての感覚が麻痺(まひ)することでしょう。

 

渡り鳥もウミガメも人工磁場の影響をすでに受けているかも知れません(^_-)-☆。

 

5Gが世界的に普及すると、自然界にも深刻な影響がでてくるはずです。

なお、この第6感ともいえる磁場の感知(バクテリアから哺乳類まで、広く磁気を感知できる)は、おそらく体内の鉄が関係しているでしょう。

鉄過剰や鉄不足も磁気感知に影響するかも知れません(^_-)-☆。

人気記事

  • 『簡単に抗酸化作用を得る方法!』

    ドクターヒロです。   またかとみなさんは思われるかも知れませんが、 健康オタクが大好きな(^^♪「抗酸化作用」を持つものを発見しました(^_-)-☆。   それは、なんとあのWi-Fiです。         Wi-Fiは、人工的な電磁場で、パルス(脈動)型(pulsed)で極性を持っている(polarized)ため、持続的で極性をもたない電磁場と比較しても生命体に大きな影響を与えます(Bio...

  • 植物性が健康に良いという盲信

    さて ここ5年くらい 一貫してお伝えしております   油の大切さ と その選択をするための知恵。   未だに 健康情報や ダイエット情報では   「植物性の油が良い」という 盲信が根強いなぁ と見受けられますわ     動物性脂肪(油)は   植物性脂肪(油)より   カロリーが高くて太る!   そして血液はドロドロになる!   吹き出物がで...

  • 『便秘になるとなぜ顔色が悪くなるのか?』

    便秘は糖のエネルギー代謝低下(=甲状腺機能低下)の一つの指標であることを 拙著『慢性病は現代食から』でも詳しくお伝えしました。           便秘になると気分が悪くなるのはもちろんのことですが、顔色や肌色が悪くなります。           慢性便秘では、皮膚の色が濃い紫色の斑点が出始めます。     &nb...

  • 物質と極性エネルギー

    塩の必要性を説くこと   や   人参の栄養価を力説すること   これらに 違和感がある人はあまりいない   でも   あるホメオパシーのレメディーを勧めること   や   オレンジ色のカーネリアンという鉱石を持つといいよとアドバイスすること   こういった 話だと おかしなことを言う人だ と思われたり オカルトだ スピだと 揶揄されることもあります。 &nb...

  • 『私たちの体はなぜ対称でないのか?』

    スポーツなどでは、バランスをとるために、左右対称に体を使うように指導されることがあります。 しかし、ある程度はバランスがとれますが、左右は同じように動きません。 よく考えると、生命体とくに人間の体は左右対称にはできていないという事実に突き当たります。   肝臓は右側、心臓は左側・・・・・・   さらに上下・前後もまったく違いますよね。 この上下・左右・前後の違いは、実は生体電流の流れを決定しています(極性、つまり⊕⊖を作る)。  ...

  • 『私たちの”第6感”ー磁気センサー!』

    ドクターヒロです。   私たちの5感の上にさらに、第6感が存在する・・・・ そのような臨床実験が報告されました。   渡り鳥やウミガメが遠く離れた到達地点につけるのは、独自のナビゲーションシステムも持っているからです。 そのナビゲーションシステムとは、磁気感知(magnetoreception )の機能です。 これは地球の磁場を感知して、方向や位置を特定する機能です。   このナビゲーションシステムが私たちにも存在する! &n...

  • 『体の仕組みとルール』水と症状と波動エネルギー

      体にはルールがあります。     急性の疾患の20分ルール   慢性疾患の100日ルール などなど     この20年以上 お伝えしてきた 免疫学という   体のメカニズムを ごく一般的な角度でとらえた 理論を   今度は 体のメカニズムを 電気の流れで とらえた理論   同じこと なんだけど 見る立ち位置が ちょっと変わります   &nb...

  • エネルギー量子って?

    エネルギー量子と聞いて、すぐにそれが何であるかイメージが浮かぶ人はそんなに多くないかと思います。私もそんな一人でした。   勉強を進めていくと、生きていくこと、そして生活の全般、様々なものが、エネルギー量子という、物質ではなく、波動という実際には目に見えないものに影響を受け、それを利用し私たち人間は生きていることがわかってきました。   たとえば、毎朝、だれもが今日来ていく洋服を選ぶかと思います。赤を着たい日もあれば、黒を着たい日もある、今日は白だ...